サイトマップ お問い合わせ 採用情報 緊急連絡先

JA松阪 消費者の方 地域の方 組合員の方
サイト内検索   文字サイズ変更
小 標準 大




トップページ > 農と食 > JA松阪の特産物 > たまねぎ

JA松阪の特産物

たまねぎ(野菜類)

たまねぎ

使い方は自由自在な万能野菜
 くろべ支店管内の砂質土壌地域を中心に栽培しており、出荷が始まってから約半世紀が経過します。生産量は三重県下でも多く、ゴールデンウィーク頃に出荷のピークを迎えます。

特徴

 管内では肉質が柔らかく、水分を多く含んだ極早生品種の「アップ」と、煮込んでも型崩れしにくく、甘みのある早生品種の「ソニック」を栽培しています。水はけのよい砂質土壌で生産することで、形・味ともに良質なたまねぎに仕上がります。

たまねぎ

まめ知識

 生で食べる際、水にさらすと辛みを抜くことができますが、たまねぎの栄養分は水に溶けやすいと言われています。新たまねぎは薄くスライスした後、15分ほどおいておくと、水にさらさなくても辛みが抜け、食べやすくなるのでおすすめです。
 また、たまねぎを切る前に冷蔵庫などで冷やしておくと、切っても涙が出にくいそうです。

生産情報(平成28年度)

生産地域 くろべ支店管内
生産者数 37戸
耕地面積 1.5ha
出荷量 90t
出荷時期 3月下旬〜6月
主な出荷先 三重県内

簡単レシピ紹介

たまねぎとトマトのサラダ

たまねぎとトマトのサラダ
 水にさらさないので栄養価をそのままに食べることができます。

 粒マスタードの辛みが効いたサラダです。

          

【材料】

トマト………………2個
玉ねぎ……………1個
A
 粒マスタード………大さじ1
 米酢………………大さじ3
 塩…………………小さじ1
 上白糖……………大さじ3
 しょうゆ……………少々
油…………………大さじ5
(オリーブオイル、エゴマ油、ごま油などお好みで)

【作り方】

1.Aの材料をポリ袋に入れてよく混ぜる。
2.たまねぎを繊維にそってスライスし、(1)に入れる。
3.(2)に油を少しずつ加えながら混ぜ合わせ、しんなりするまで冷蔵庫で冷やす。
4.食べやすい大きさに切ったトマトを皿に盛り付け、その上に(3)のたまねぎとポリ袋に残ったドレッシングをかける。




ページの上部へ
JA松阪 JA松阪シンボルキャラクター バグちゃん レディちゃん

松阪農業協同組合 〒515-0205 三重県松阪市豊原町1043-1 TEL 0598-28-2111 FAX 0598-28-6599 Copyright(c) JA-MATSUSAKA.ALL Rights Reserved.