サイトマップ お問い合わせ 採用情報 緊急連絡先

JA松阪 消費者の方 地域の方 組合員の方
サイト内検索   文字サイズ変更
小 標準 大




トップページ > 旬の話題 > トピックス

トピックス 〜JA松阪管内の出来事をタイムリーにお知らせ〜

エゴマ生産者組織「松阪エゴマ倶楽部」設立/JA松阪

2019年5月28日更新

      
総会後は栽培研修を行いました
総会後は栽培研修も行いました
セルトレイに播種をしていく営農指導員
セルトレイに播種をしていく営農指導員

 JA松阪は5月24日、同JAいいたか支店でエゴマ生産者組織設立総会を開き、生産者やJA職員など22人が参加。「獣害に強い農産物の振興」「生産者の健康増進」「エゴマを活用した地域振興」を目的に、新たに「松阪エゴマ倶楽部」を設立しました。
 同JAでは鳥獣害に強い農産物振興を目指し、獣害を受けにくい作目として注目されているエゴマの栽培に取り組んでいます。獣害被害の大きい飯南・飯高地域を中心に、平成28年度年度から有志を募って試験的な栽培を開始。昨年2月に「えごま油」として初めて商品化し、直売所「きっする黒部」などで販売しました。今年度は新たにインショップや市内のAコープでも販売を開始。今後、販路拡大を目指し取り組みます。
 同倶楽部会長は「最初に比べると生産者数も増えたがまだまだ少ないので、これからもっと増やしていきたい。また、エゴマは収穫作業が大変。大変な作業を生産者同士で助け合えるような関係を作っていきたい」と力強く話しました。
 また、同JAでは5月21日にエゴマの播種を行いました。128穴のセルトレイ120枚分を手作業で播種。今後JA営農指導員が管理し、6月中旬以降農家に配布します。
 同JA「えごま油」は1本95g入りで2,500円(税込)。ラベルは地元の高校生のデザイン2種類を採用しました。




ページの上部へ
JA松阪 JA松阪イメージキャラクター きっするん

松阪農業協同組合 〒515-0205 三重県松阪市豊原町1043-1 TEL 0598-28-2111 FAX 0598-28-6599 Copyright(c) JA-MATSUSAKA.ALL Rights Reserved.