サイトマップ お問い合わせ 採用情報 緊急連絡先

JA松阪 消費者の方 地域の方 組合員の方
サイト内検索   文字サイズ変更
小 標準 大




トップページ > 旬の話題 > トピックス

トピックス 〜JA松阪管内の出来事をタイムリーにお知らせ〜

パッションフルーツで新規振興目指す/JA松阪

2019年7月18日更新

      
吊り下げ式鉢の生育具合を確かめる生産者ら
吊り下げ式鉢の生育具合を確かめる生産者ら
パッションフルーツの果実
パッションフルーツの果実

 JA松阪では新規作物の振興を目指し、生産者12人がパッションフルーツの試験栽培に取り組んでいます。
 パッションフルーツは亜熱帯地域を中心に栽培されている果物で、国内では鹿児島県や沖縄県などのほか、本州でも栽培がおこなわれています。果物でありながら、ツル性の植物のため、近年ではグリーンカーテン用としても出回っており、比較的育てやすいことから今回振興作物として選びました。三重県内では生産者が個人で栽培し、出荷してるところはあるものの、地域でまとまって出荷しているところはなく、産地化すれば県内初となります。
 試験栽培は昨年度2人の生産者から開始。うまく育ったことから、今年度はみかんやイチゴの生産者を中心に声をかけ、範囲を広げていきました。冬場にみかんやイチゴを出荷し、空いている夏の収入源となることを狙っています。
 7月11日には栽培研修会を開催。現在の栽培状況の確認と、今後の管理方法について話しました。また、JAの試験栽培ほ場を見学。生産者らは自身の栽培状況と比較しながら熱心に育て方を見ていました。JAでは、片付けやすさなどを考慮した栽培方法についても試験を行い、空きスペース等を使って育ててもらうことで生産者収入の増加につながるよう検討しています。
 栽培品種は「サマークイーン」。今年度は直売所に向けて出荷を予定しており、売れ行きや生産者の反応から来年度以降の取り組みを検討します。




ページの上部へ
JA松阪 JA松阪イメージキャラクター きっするん

松阪農業協同組合 〒515-0205 三重県松阪市豊原町1043-1 TEL 0598-28-2111 FAX 0598-28-6599 Copyright(c) JA-MATSUSAKA.ALL Rights Reserved.