サイトマップ お問い合わせ 採用情報 緊急連絡先

JA松阪 消費者の方 地域の方 組合員の方
サイト内検索   文字サイズ変更
小 標準 大




トップページ > 旬の話題 > トピックス

トピックス 〜JA松阪管内の出来事をタイムリーにお知らせ〜

オリジナルスイーツ開発に農産物を提供/まつさか☆こどもスイーツプロジェクト

2019年7月19日更新

      
粉にしたモロヘイヤを使って調理を進める開発メンバー
粉にしたモロヘイヤを使って調理を進める開発メンバー

 松阪市で、「まつさか」をテーマにした子ども向けスイーツの開発に取り組む「まつさか☆こどもスイーツプロジェクト」が発足し、そこで使う食材の一部をJA松阪が提供しています。
 同プロジェクトは同市で活動する「子育て応援プロジェクト☆パイン」の酒井由美代表を中心に企画。子どもたちの食生活が気になるというお母さんたちの声をきっかけに、まちおこしも兼ねた子どもの食を守るプロジェクトとして5月に発足。松阪の農産物を使用し、松阪のお土産にもなるようなオリジナルのこどもスイーツを開発します。11月3日に同市が開催する「氏郷まつり」での販売を目指しています。
 当JAは酒井代表から相談を受け、試作段階で使う農産物の無償提供で協力しています。提供するのは特産物であるモロヘイヤをはじめ、かぼちゃ、にんじんの3品目。開発するスイーツはモロヘイヤと、お米をこどもたちに食べてほしいとの想いから米粉が中心に使われる予定です。
 酒井代表は「松阪産をアピールすることを考えて思いついたのがモロヘイヤだった。粘りが苦手というこどもも多いが栄養価の高い野菜なので、食べやすくする工夫をしたい。広くこどもに愛されるような、からだを考えたおやつを作りたい」と想いを話していました。
 当JA鈴木重身営農経済担当理事は「プロジェクトの想いを受け、地元の農産物でこの活動を応援したいと思い協力させてもらった。このスイーツをきっかけに、松阪の野菜が注目を浴びてくれればさらにうれしい」と話していました。

・JA松阪の特産物についてはコチラ




ページの上部へ
JA松阪 JA松阪イメージキャラクター きっするん

松阪農業協同組合 〒515-0205 三重県松阪市豊原町1043-1 TEL 0598-28-2111 FAX 0598-28-6599 Copyright(c) JA-MATSUSAKA.ALL Rights Reserved.